歌詞

会いに行くから

ももちひろこ

作詞
ももちひろこ
作曲
ももちひろこ/イワツボコーダイ

ふたりで歩いた 駅へ向かう道

寂しげなきみの顔 見ないふりした

遠く離れていても 変わらないように

そう 流れた星に 小さく唱えた


新しい暮らしの中

会えない時間重ね

気がつけばほら 遠ざかるきみとの距離


きみとふたり描く未来が

いつからかすれちがいだした

願いかける星を探すけれど

この街の空は明るすぎて

とても見つけられそうにもないんだ


きみが見えない


メールの返信はきっと今夜もない

電話越しの声もずっと聞いてないな


たった一言でいい

きみの言葉がほしい

今 誰を想ってるの? 不安になっていくから


きみとふたり 笑いあったあの日々が

流れ星のように消えていく その前に

全てを放り出してきみのもとへ

ねぇ 会いに行けたならいいのに


今、会いたい

ただふれたい

確かめたい


枕元で着信告げるケータイ

きみの名前光ってたの

寂しくてダメになりそうだった


会いたくて駆け出した真夜中すぎ

最終バスに乗り

願いかける星は見えなくてもいい

きみの心つかまえたい

ねぇ 今からきみに会いに行くから


会いに行くから

会いに行くから

提供: うたまっぷ