歌詞

泥日

ランクヘッド

作詞
小高芳太朗
作曲
LUNKHEAD

泥の底で初めて生きてきた意味を知る


真っ黒な暗闇の真っ白な静寂で

静かに『それ』は言った


「どれだけその手が汚れたとしても魂は腐らない」


汚れたこの手で 抱き締めた まだ小さな光を

無力なだけなら 白さなど この手には要らない


泥を舐めた日の味が舌の奥にこびりついている


真っ黒な暗闇の真っ白な静寂で

静かに『それ』は言った


「どれだけその泥を飲み込んだとしても魂は枯れない」


汚れたこの手で 抱き寄せた 柔らかな明日を

無力なだけなら 正義など この手には要らない


汚れたこの手で 抱き締めた まだ小さな光を

無力なだけなら 白さなど この手には要らない

綺麗なままでは なにひとつ 守る事は出来ない

汚れたこの手が 抱き締めた

温かい泥の中で

小さな光

提供: うたまっぷ