歌詞

恋心

jealkb

作詞
逹瑯
作曲
逹瑯

雪が舞う僕達の白い吐息を咲かせ

初恋は冬の空彩り消えてゆけ


初雪に手を伸ばし無邪気にはしゃぐ君に

言えず隠してた恋心ひとつ

通り雨のような恋重ねる君にあの日

見覚えのない左手のリング


僕ならば君のこと泣かせやしないのに

理解ってる一度だけこの手で抱き締めたかった

あの日の様に


何度目の雪だろう?街を白く染めた

ふと伸ばす掌にひとひら雪が溶けた

ありがとういつの日か笑えるその日まで

さようならこの雪に染まれよ恋心


僕ならば君のこと泣かせやしないのに

今更さ理解ってる臆病者の言い訳と

それでも君を


好きでした大好きでした幸せそうな笑顔

本当はこの気持ちに気付いてたくせに


雪が舞う街路樹に白い吐息を咲かせ

ふと伸ばす掌にひとひら君が溶けた

ありがとうさようなら

染まれよ恋心この雪に白く

提供: うたまっぷ