歌詞

管制塔(acostic)

Galileo Galilei

作詞
尾崎雄貴
作曲
尾崎雄貴

青い風の吹く高い丘の上 君と二人で見た未来を描いた

大きな紙飛行機 風に乗せられてどこまでも飛んでいった


遠い目をしてる僕の顔を見て君は声を出して笑ったね

強い風が吹いて飛ばされた君の帽子を追いかけた


望んだ未来が来るのかって不安でいつでも僕ら少し震えてた

僕らが飛ばした希望の紙飛行機の事をいつまでも君と話していられたらいいのに


管制塔 僕らの飛ばした未来が

見えるでしょう 綺麗でしょう そいつを信じていたいんだ

管制塔 僕らの信じた未来が

いつの日か来るんでしょう それを待っているんだ


赤くなった空 それに染まる丘 時間はいつだって僕らを無視して

進んでいくんだ 僕らの時間だっていつのまにか進んでいる


声が変わって背が伸びて自分が大人になっていくのを感じていた

君と二人で語った大切な未来だけは絶対に変わらないように誓おう


管制塔 大人になった僕らが

見えるでしょう 変わらないでしょう 色褪せないまま

管制塔 あの未来はもう

すぐそこに来てるでしょう 僕らは待っている


暗くなった空 光り輝く星 終わっていく時間と時代

近づいてくる未来 紙飛行機は飛んでゆく


管制塔 二人が夢見た未来が

見えるでしょう 綺麗でしょう 僕には見えるよ


管制塔 どんな未来でも

受け容れるよ 変わらない 僕らのままで


いつまでも

どこまでも

提供: うたまっぷ