歌詞

夜の窓辺と四つ葉のクローバー

Galileo Galilei

作詞
尾崎雄貴
作曲
尾崎雄貴

ちょっと破れた心 囲えるなら水色の四角

お気に入りの風景をつぎはぎ縫いつけてみたい


君の白い肌と同じ色に染まりたい

名前覚えたよ映画に出てくるような


夜の窓辺 四つ葉のクローバー

雨が降ってきても君の涙は分かるんだろう


別れの里で君に会う

あまのじゃくにあまのじゃくさ

ここで見た星を拾い集めて

二人の年の数だけ食べてみたい


やがて君の名を忘れてしまう日が来るでしょう

お気に入りの風景もほつれてしまう時が来る


"本当"みたいな嘘笑い止めよう

涙が溢れても君の涙は分かるんだから


出会いの空で君にグッバイ

あまのじゃくはあまのじゃくさ

夜の窓辺と四つ葉のクローバー

空を見るたびに思い出すのは嫌だ


雨降る東京 君を探す

あまのじゃくは泣いているよ

夜の窓辺と四つ葉のクローバー

必死で思いだそうとする

提供: うたまっぷ