歌詞

18

Galileo Galilei

作詞
尾崎雄貴
作曲
尾崎雄貴

無理やりに毎日を楽しく着飾ってみたり

嘘笑い 苦笑い その上からまた嘘を飾る

味気の無い造花の束 君にあげても答えはないし

張りぼての向こう側が透けて見えちまったみたいだ


眠る前に君が瞼の裏に現れて

涙と本音の蓋を開けてしまう前に


18の誕生日


僕はきっと向こう側に行ってしまうんだ それでも

何も変わりはしないよ

時間は止まらず僕らの背中を押していくさ


寒い秋 満月が静かな夜に浮かび上がって

僕の気持ち 君の気持ち 全てが浮き彫りになった

上っ面だけの綺麗な言葉 いくらでも言えたりするけど

そんなもん 僕の辞書には書いてないから安心しなよ


向こう側なんて最初からあってないようなもんだったんだ

僕よりも先に君は気づいていたみたいだ


18の誕生日


君と同じ目線で満月を見たいから背伸びをするよ

何も変わりはしないね

僕と君の気持ち それから生まれてからの時間以外は


ハッピーバースデイ

窓辺に吹いてきた風が蝋燭の火を消したら

迎えるハッピーバースデイ 君と笑う


僕らは少しづつ変わっていく

Happy Birthday

提供: うたまっぷ