歌詞

稚内

Galileo Galilei

作詞
尾崎雄貴
作曲
尾崎雄貴

アメーバみたいな犬の落書き 擦れたタイヤだらけのガレージ

3つのコードで作った曲が 僕らのあくびの代わりだった


風の強い退屈な街に 滅多に晴れない曇った空

抑えこまれてしまうよ 古いピアノが悲鳴を上げた


光ある方へこの場所から

カーブを描いて感情は弾む


膨らむ音楽 僕らのパレード 鼓膜破る程に育て

かじかむ手のひら 握ったギターで鼓膜破る程にかき鳴らせ


イギリスかぶれの家出少女が 雨に打たれてふてくされてる

穴の空いた傘をさしてあげるから 僕についてきて


枯れ葉の上にあぐらをかいて

遠くを見る君の横顔が胸を刺す


今此処で始まるパレード 進んでく

君も風も曇り空も一つになって弾んでる


裸足の足跡 深くいくつも残したい

飛び跳ねてみせるんだ 君が笑ってくれるように


何を好んで 何を嫌って 何を手に入れ 何を失くして

どこへ向かおう どこかで君と

誰かに笑われてもいいよ


ガレージの鍵を首にぶら下げた

さよなら冷たい水の流れる沢

あの曲を聴きながら


落ち葉の上を風より早く走ってく

目に映る物全て 一つになって僕の中


今此処で始まるパレード 続かせよう

となりにいる君の顔が曇らないように鳴らすメロディー


膨らむ音楽僕らのパレード

膨らむ音楽僕らのパレード


アメーバみたいな犬の落書き 擦れたタイヤだらけのガレージ

古いピアノが軋んで鳴いた ここにはもう誰もいないよ

提供: うたまっぷ