歌詞

春の願い

藤澤ノリマサ

作詞
夏ノ芹子
作曲
藤澤ノリマサ

春の路地裏 歩く夜は

桜の色に寂しくなる

東京で強くなった僕は何か

なくしたのかもしれないんだね


思い出して

帰りたくなるよ

夢だけ見て出て来た日に

涙こらえ

母は無理をして

笑っていた

笑顔で泣いてた


母の願いや心配など

わかろうとせずいたけれど

未来に向けて

覚悟を決めたとき

感謝だけが溢れてきたよ


僕は僕を

見つけられたんだ

果てしのない 愛をもらい

いつか僕も

手放す子供に

この光を

さがしてもらうよ


いつか僕も

涙より泣いてる笑顔で

また

あなたを知る

もっと

提供: うたまっぷ