歌詞

可憐なひとへ

ほたる日和

作詞
早川厚史
作曲
早川厚史

可憐に咲いたあなたの笑顔 僕の青春をやさしく染めた

ずっと好きでした 想いのすべて 最後にどうか 知ってほしくて

下駄箱に手紙を入れて 校庭の 隅っこで待っていた

こんな昭和レトロなやり方 今どき僕だけかな

あなたには"好きな人"がいる 何となく見ていたらわかるもの

それが僕ではないって事は 恐らく間違いないだろう

無駄な告白かもしれない そんな事はよくわかってる

"身の程知らずな奴"と後ろ指さされてもいい

可憐に咲いたあなたの笑顔 それが他人のための笑顔でも

ずっと好きでした 想いのすべて 最後にどうか 知ってほしくて

まず最初に何から話そう 自己紹介は 省いても良いのかな

好きになったその経緯だとか 余計なこと言いそうだな

告白なんて初めてで セオリーも段取りもわかってない

降りしきる花のしぐれに チャイムの音が混ざって

茜色に染まりゆく校舎 あなたがいた三年の面影

ずっと好きでした 不器用な想い 受け取ってくれたらいいな

あなたが現れないことを 願う勇気のない自分と

やっぱり現れて欲しいと 願うもうひとりの自分と

苦しい胸で 見上げた春空

滲む視界に あなたが立っていた

可憐に咲いたあなたの笑顔 僕の青春を照らしてくれた

ずっと好きでした 込み上げるもの 気付かれぬように隠して

可憐に咲いたあなたの笑顔 僕の青春をやさしく染めた

ずっと好きでした あなたのすべて 最後にどうか 知ってほしくて

提供: うたまっぷ