歌詞

かりゆし58

作詞
前川真悟
作曲
前川真悟

ああ 本当にそうだよな 獣道のような現実の隅で

おれ達は何度も踏みにじられてきたよな

心から笑える瞬間なんて いつでもあっという間に過ぎてく

一体ここが人生の中のどの辺なのかも分からないまま

不安はおれ達と幸せの間に割り込んでくる

誰かが呟くのを聞いた「今がずっとずっと続けばいいのにな」


大丈夫だぜ まだ次がある だけどもうその次はない

それじゃ遅すぎる これくらいの方が丁度いい そうか そうだよな


走り出せ友よ 叶えようすべてを

思い出せ 無限だぜ 希望は死なないぜ

人は弱いもの なんてデタラメさ

ここまで 今日まで 辿り着いたじゃないか


夏の入り口 明け方のテレビ 2010年のワールドカップ 0対0のまま延長戦を迎える

「このまま試合が終わらなければ 誰ひとり負けやしないのに

誰の夢も壊れずに済むのに」なんて考えていた

気付けばおれ達は比べ合うことに熱狂している

誰かが囁くのを聞いた「今がずっとずっと続けばいいのにな」


大丈夫だぜ ひとりじゃないぜ 孤独を感じてるのは

少し寂しがり これくらいの方が丁度いい そうか そうなのか


走り出せ友よ 叶えようすべてを

思い出せ 無限だぜ 自由は死なないぜ

人は弱いもの なんてデタラメさ

ここまで 今日まで 辿り着いたじゃないか


音楽で彩られたこの空間には今日も 限りない可能性が陰ることなく輝く

たったひとつの空の下で たったひとつの星の上で

おれ達はたったひとつの「今」をこうやって分け合ってる

ありがとう友よ


それぞれに生きてきたそれぞれの過去

それぞれに生きていくそれぞれの未来

変わらないものなんか何ひとつなくて 出会いは別れの始まりに過ぎなくて

今日が終わってしまえば もう二度と会えなくなるとしても

胸に刻み込んだこの時間は いつまでも証として残る


『結んだ心は離れない』


ありがとう 友よ

提供: うたまっぷ