歌詞

最後のラブ・ソング

山下智久

作詞
ma-saya
作曲
Choi Yong-Chan

開演のアナウンス響いてる

きっと君は来ないだろう

約束した頃は こんな日が来るなんて

思わなかった僕たち


大切な夢のために頑張っている 君の姿が好きで

「どんな時も僕が応援する」なんて

言ってたくせして 旅立つ君のこと責めた


恋なんてしないほうが 幸せな気がした

そんなラブ・ソングに 胸の奥が熱くなる

何回も君と聴いた その言葉が突き刺さる

ひとりぼっちじゃ 悲しすぎる歌だね…


初めて会った日を思い出す

今日と同じコンサート

斜め前の君は 僕と目が合うたび

笑いかけてくれたね


叶えたい夢のために遠い街へ 君が行くこと聞いて

「離れてても二人変わらないよ」なんて

誓っていたのに 夢見る君のこと責めた


恋なんてしないほうが 幸せな気がした

そんなラブ・ソングに 身体中が震えてる

どうやって君を忘れ 今日からどう生きてゆく

この先ずっと こんな歌は聴かない…


ほんとはもっと言いたいことや

確かめたかったことがあったのに

今さら遅すぎる 何もかも全部

拍手の波の中 僕だけが飛び出していた ひとり


恋なんてしないほうが 幸せな気がした

そんなことないよと 胸の奥が叫んでる

何回も君と聴いた ラブ・ソングが遠くなる

ひとりぼっちじゃ 悲しすぎる

それでも僕は 君に会えてよかった…

提供: うたまっぷ