歌詞

The shade

珠妃

作詞
珠妃
作曲
野村陽一郎

どうしても消えない暗闇の時が

手で拭った涙は血と変わって

永遠の意味を胸に刻み込んで


どうしても消えない罪と絶望が

光を求めても手は届かなくて

後悔の渦は永遠と化して


許されるのなら光があるなら

絶望に満ちたりしない。

愛を失ってしまっては心の傷は癒えないでしょう。


信じるモノも、祈るモノも全部

消えてしまった先に何が映るの?

心の奥には、血だまりの自分。


瞳は見てた。愛してくれたモノ。

笑顔も涙もこの手で引き裂いた。

泣き叫ぶ声が頭を離れない...。どうして?


楽になりたい。自分を消したい。

感情なんてモノいらない。

本当の自分はどこへ行ったの?

誰か教えて...。


罪を犯さない人間(ひと)などいるの?

自問自答は続いてゆく 目に見えない神に縋り

運命を辿る?


瞳に映ったそれが真実か?

幸せはいつも逃げてゆく。

涙枯らし自由も一つ無いまま。

影は目の前。


幸せの永遠の意味も

心の奥にあったはず。

未来に絶対なんて言葉は無いでしょう...。

光はどこへ...。

提供: うたまっぷ