歌詞

いのち~桜の記憶~

若旦那

作詞
若旦那
作曲
若旦那

戦後間もなく産まれた親の映画好きが高じてさずかった名前は

とある俳優の頭文字から 親父はごく普通のサラリーマン

四月の桜が開花宣言する頃に朝早く産声

男として産まれた俺は黒目がぎょろっとした甘えん坊で


そんな俺をあったかい愛で包んでくれたおふくろの腕

話すのがちょっと遅かったって懐かしそうに今でも笑って


セピア色の思い出 親父と球投げたまに凧揚げ

自我が芽生えて俺がグレるまで当たり前の事に感謝して


Thank you forママ Thank you forパパ

ありがとうの一言言えなくて 今がチャンスだからでかい声で言わせておくれよ

Thank you forママ Thank you forパパ

照れながら今日だけは言うよ あんた達の子供でほんとよかったなって


今だから謝るよごめんいつもトゲトゲ ふざけんなてめえって殴りかかって

少年時代はただただ力があり余ってたんだ俺


次第に学校に親が呼びだされ 白髪が増えていくことに心痛め

あれも確か四月に降った雨 桜が散って悲しそうに泣いてたね

家出なんかを繰り返し 街でバイクに跨る無我夢中で

ダチの文句言われると 何かマジギレで剃刀のように怒って

街で不良同士の喧嘩する時 いつもお袋の顔が浮かんで

それ以上したらダメって 当たり前のこといってくれたから


Thank you forママ Thank you forパパ

ありがとうの一言言えなくて 今がチャンスだからでかい声で言わせておくれよ

Thank you forママ Thank you forパパ

照れながら今日だけは言うよ あんた達の子供でほんとよかったなって


命ってずっと繋がってる 俺も知らぬ間に大人になってる

愛する人をみつけて あんた達の孫なんて産んじゃってる

桜がきれいに色付く 春の夕日が俺らを照らす

ちっぽけな命の花が 都会の隅で愛に包まれて花咲く

いつかわかると言ってた 親の口癖が悔しいがわかる

若き時のことを反省し感謝する 当たり前のことに涙する


Thank you forママ Thank you forパパ

ありがとうの一言言えなくて 今がチャンスだからでかい声で言わせておくれよ

Thank you forママ Thank you forパパ

照れながら今日だけは言うよ あんた達の子供でほんとよかったなって


Thank you forママ Thank you forパパ

20年後にそう言われたいから

お前の子供が産まれたらこの歌を俺達に歌ってくれ

提供: うたまっぷ