歌詞

イマジネーション

Bahashishi

作詞
ユラリ
作曲
JARI/Hajime/ユラリ

ハチミツをかけすぎた

ホットケーキを食べるみたいに

甘ったるいお味が

やめられない様なんです


まるでお菓子みたいな少年を

私のかわいいペットにして

美味い話術で魔法をかけて

くちびるへと誘い込むのです


イマジネーション

君の声が耳の奥で響いて

想像します

イマジネーション

君に危険な呪文をかけて

今 お遊びをはじめたいの


つまりは単純なのさ

甘いお菓子を食べてしまいたいのさ

捕まって 触って

溶けちゃて はまって

動けなくなる罠をかけて


イマジネーション

おしゃべりする君のくちびるを

今 見つめています

コミュニケーション

目と目を合わせてゆくたびに

秘密の迷路へと誘い込むの


イマジネーション

君の声が耳の奥で響いて

想像します

提供: うたまっぷ