歌詞

午前4時のレイン

SPANK PAGE

作詞
仲手川裕介
作曲
仲手川裕介

雨の降りはじめの 静けさのように

僕らの会話も同じようなもの

それくらいでしか 僕らの関係を表せないから

お互いに困ってるのさ


4年前くらいに 君に言った言葉を

また繰り返すほど力は無いけれど

君が幸せになってく姿を

見守るくらいは出来そうだから


午前4時に 思うことじゃないけれど

虚しさは止まない 雨と同じように

たとえやり直し出来るとしても

今と変わらない夜を過ごしそう


進めない僕を 一番分かって

いたのは誰よりも 君だったのに

気持ちとは逆の 態度を見せつけ

大人びた君に 甘えていたんだ

こうなったのは 分かってるのに

いざ離れてみると 少しも笑えない

君が誰かと幸せになるのを

静かに見過ごせるわけじゃない


午前4時に 思うことじゃないけれど

虚しさは止まない 雨と同じように

もしもやり直し出来るとしたなら

ひとつでも多い笑顔を渡すよ

提供: うたまっぷ