歌詞

春の雪

徳永英明

作詞
徳永英明
作曲
徳永英明

もし今夜この街に

不似合いな雪がつもったなら

足跡のない公園を

僕と歩いてみないかい


君のこと誘うための

口実をずっと探していた

温もりを分け合いながら

二人の距離を縮めよう


白い雪がすべてを隠し

遠い足跡消してゆくなら

ずっと忘れないよう今を

春の雪に閉じ込めていって


心だけはどこにでも

自由に飛んでゆけるから

大切なことは君自身が

いつも幸せであること


小さな石につまずいては

臆病になっていただけさ

君らしく歩けばいいよ

僕がいつも見守ってゆくから


白い雪がすべてを隠し

遠い足跡消してゆくなら

ずっと忘れないよう今を

春の雪に閉じ込めていって


過ちを繰り返しながら

大事なことに気づき始める

過ぎてしまった苦い日々よ

春の雪に溶けだしていって


春の雪に溶けだしていって

提供: うたまっぷ