歌詞

俺なりのラブソング

遊助

作詞
遊助
作曲
遊助/上田起士

大して男前じゃない

人の話聞かないわがまま

ガキのまま なんだかんだ 手と手取り合ってきた


よくあるようなドラマの出会いもない たわいもない日々

気付きゃ俺ただの頑固ジジィ けどお前横目で見る気にしい

まだ「付き合うか?」なんて言ってなかったな 遅れてごめんな

無くしたタイミング 去年の秋に キスした際に 精一杯のサイン


いつでもどこでも お前横にいて

俺の腕の後ろそで 優しく握りしめていて


ぶっちゃけ そんな美人じゃないけど

誰よりもお前のこと必要と思ってるんだ

ありったけ 愛この歌に乗せて

勝手に作ったラブソング

ゼッテー幸せにしてみせるから


この前の夜中あげたネックレス 安物だけどいっちょ前なケース

パチンコの景品なんてウソ クソ恥ずかしくて照れくせー

「イニシャル入れるとあと千円」I say yes て帰りトボトボ徒歩

扉あけて雑に渡すとニコニコ お前にあげたプレゼント 1個2個


いつでもどこでも お前それ首にして

ほほえむ時 泣く時 いつでも握りしめてるな


ぶっちゃけ 大した男じゃないけど

誰よりもお前のこと必要と思ってるんだ

ありったけ 愛この歌に乗せて

勝手に作ったLove Song

ゼッテー幸せにしてみせるから


「ビッグになる」って家出て見栄張る俺

心が折れてところどころ この頃感じる親心

恋心に気付けば笑顔で寄り添って「できるよ」って

支えがあったから 「まだまだこれから!」って今ここ立ってた


バカでっけー夢語り続けてるけど

何よりもお前のこと必要と思ってるんだ

ありったけ 愛この歌に乗せて

気持ちだけは誰にも負けねえ

ゼッテー幸せにしてみせるから


Lalala・・・

言葉足らずの俺から

Lalala・・・

お前がいて俺がいるから

提供: うたまっぷ