歌詞

Der Konig der Dunkelheit

D

作詞
ASAGI
作曲
ASAGI

迎え討とう いざ玉座を後に 退かぬことが私の民への愛の証

闇の帝王(おう)たる我が身を盾に


Ist denn die Sonne nicht ubrig?

遠ざかる死に代わり

Die Mond und der Sternhimmel.

異彩を放ち光れ

Da sagt der Konig:Ich brauche euch.

我が血を受けて生きよ

Und kusse die Rose.

目覚めの夜の始まり


熱砂が喉を灼く不死なる秘薬は

黒き獣らに私を喰らわせた


滅びゆく祖国(くに)を目の前にして 私が今するべきことはただひとつだけ

王家の血を絶やさぬことと


Warnen


この身体(み)には傷は付かぬ

Zielen

我が武技に狂いはなく

Schneid

心へと流れる血は誇りを無くさぬ深紅の薔薇であれ


背に翼を持つ駿馬(しゅんめ)のように駆け

冴えゆく力が私を凌駕する


我らの行く手に立ちはだかるは もはや敵に非ずと己の影に叫び

刃先を向け誓いを立てる


迎え討とう いざ玉座を後に 退かぬことが私の民への愛の証

闇の帝王たる我が身は盾となる


Der Konig der Dunkelheit.

その名は瞬く間に世界の果てまで震撼させることとなる


あれからどれだけの時が流れたのだろう。

国家存亡の危機に面した私は、

王位継承者のみが知ることを許される"それ"を、ついに解き放った。

呪われし肉体に宿るは黒き種。

罪の因子は闇に飲まれ、眷属を増やし続けた。

この罪を贖うことができれば、

神の救いの御手は私の元へも差し伸べられるのだろうか。


神よ・・・

提供: うたまっぷ