歌詞

夕空 Harada version

銀色プレゼンツ

作詞
銀色夏生
作曲
原田晃

いちばん悲しい時に強く抱きしめたあと

すぐに離れて行った ずっと好きだった人


この夕空をどこで あなたは見てるだろう


ふり続けた手が

小さくなって消えて かわりに

僕の胸に消えない灯がともる

僕の胸に消えない灯がともる


いちばん悲しい時に強く抱きしめたあと

すぐに離れて行った ずっと好きだった人


この夕空の下に あなたはいるのだから


会えないことは決して

悲しいことじゃないと あなたが

遠くから言ってるように思う

遠くから言ってるように思う


会えないことは決して

悲しいことじゃないと あなたが

遠くから言ってるように思う

遠くから言ってるように思う

提供: うたまっぷ