歌詞

A Song of Love

Love

作詞
小竹正人
作曲
北室龍馬

キミとボクはきっと 全然違う真実(モノ) 信じて歩いてきたから

ときどき迷(はぐ)れそうに なってしまうけど

これからは同じ真実(モノ)を同じように見つめて行けるんだ

繋いだココロは離さないで


"居場所なんて どこにも無い" 思っていた2人が

出逢ったのは 偶然じゃない この広い宙(そら)の下


誰にも言わなかったけど 本当は淋しかった

仲間たちと笑いながらも 君の存在(こと)を捜していたのさ


小さな手のひらで 大きすぎる夢を手繰り寄せてみよう

未熟にゆっくりと 歩いて行けばイイ

ボクの左側キミの右側 そこに確かな愛が在る

おんなじ歩幅で Looking for love n' dream


こんな時代 こんな世界 悲しみが降るたび

傷付いたり 傷付けたり 太陽が泣いたり

変わらずにいることさえ とっても難しいけど

春も夏も 秋も冬も キミを咲かせていれますように


ずっと乾かない涙なんて ないことボクラは知っている

未来が味方だと 今は知っている

もしもキミがそうツライときには 僕は必ず微笑むよ

ありがとう 永遠にSing this love song with me

提供: うたまっぷ