歌詞

幸せのイメージ

e-sound speaker

作詞
大迫章弘
作曲
大迫章弘

君は笑顔の裏腹で 心に空白を

忙しい位の毎日で 埋め合わす

見えない傷を作っては すり減らすだけの

夕暮れは血の茜色 にじむ街の灯


涙ながれるのなら いっそ楽になれるのかな

どうしてだろう 素直になれずに

強がりで笑っていつも 今日だって


自分に嘘をつくのも慣れた 悲しい程

生きてるだけで奇跡だなんて 誰だって知ってる


明日は君に会いに行こう 二人でシチューでも食べながら

何してるんだろう 将来の僕らなんて

未来を話そう


忘れそうな程 他愛ないもの

壊れそうなもの程 美しいもの


愛は見えないもの 誰にも等しくあるもの

公園のベンチで 駅前のレストランで 誰かの帰りを待つ人へ


アパートからは 夕飯の匂い

優しくて 優しくて

消えそうな位 泣きそうな位に

幸せをイメージして

提供: うたまっぷ