歌詞

SEASONS

Dew

作詞
清水悠
作曲
清水悠

いつの事だか分からないくらいで

手を伸ばせばその先に君がいた

平凡な季節が彩りを纏って

少しずつ廻り始めた


どこまでも続く川沿いのこの道

夏の終わりを告げる風にざわめいた

他愛もないことに言葉重ねたい

浮かぶ雲に名前つけるように


そんな日常が二人の宝物

残してゆけるかな

変わってゆく景色に


忘れられない輝きで

笑ってみせてよ

移り行く世界を一緒に歩きたい

小さな唄や些細なことが

鮮やかに映るよ

覚えておきたい 君と巡る季節を


どこか懐かしく見えるその笑顔に

忘れていた面影が重なるよ

もっと簡単なことだったはず

夢中で何か追いかけること


時に離れても寄り添う足跡を

残して行けるかな

匂いを変える日々に


忘れられない輝きで

笑ってみせてよ

移り行く世界で巡り会えた奇跡

いつもの空も本当の色に

輝いて見えるの

覚えておきたい 君と巡る季節を


なぞって歩こう 風の通り道

ずっと離さないで そばにいたいの

残して行けるかな

変わってゆく景色に


忘れられない輝きで

笑ってみせてよ

移り行く世界を一緒に歩きたい

小さな唄や些細なことが

鮮やかに映るよ

覚えておきたい 君と巡る季節を


覚えておきたい 君と巡る季節を

提供: うたまっぷ