歌詞

Paper plane

Plastic Tree

作詞
長谷川正
作曲
長谷川正

巡る空に慣れるように 寂しさから指を解いた

形もない心寄せた 願い事目を逸らしながら


ネジを捲けば 止めたままの 針が動くよ

滲み出した 午後の陽射し かすかに響いてカノン


思い出せるものは全て 許される光になるから

もしそれを未来って呼べば

君も僕も明日にだって着けそう 空の向こう


白い嘘は遠い場所で 雨を降らす雲になった

胸を抉ったり包み込んだり 果てもない日々流れながら


囁くのは 低く飛んだ 紙飛行機で

終わりを見る その時まで 音速に近づいてく


いつか君と解り合える そんな幻に焦がれたら

何一つ残らなくても 僕の側で花は揺れる

思い出せるものは全て 許される光になるから

もしそれを未来って呼べば

君も僕も明日にだって着けそう 空の向こう


飾りつけない言葉一つで また誰かが泣いたり笑ったり

そんな景色を信じられたら まどろみを抜けてみよう


ネジを捲けば 止めたままの 針が動くよ

滲み出した 午後の陽射し かすかに響いてカノン


いつか君と解り合える そんな幻に焦がれたら

何一つ残らなくても 僕の側で花は揺れる

思い出せるものは全て 許される光になるから

もしそれを未来って呼べば

君も僕も明日にだって着けそう


空の向こう

提供: うたまっぷ