歌詞

スポンジ

たむらぱん

作詞
田村歩美
作曲
田村歩美

ああ また無駄に巻き取ってしまったトイレットペーパー

かさばるぶんだけ何故か虚しいこの手の重み

拭き取らなければ 乾いてしまうその前に


春の訪れを告げてくれるよサクラ前線

梅雨に入りそうだとやって来る梅雨前線

未来の予感も前線に乗って来て欲しい


あたしの持ってるスポンジは

べちゃべちゃになってしまったようだ

肝心な事 ちゃんと吸収して来てるのかな・・・


流れる季節の角かどで 僕らは知り過ぎたみたいだ

だけど 今何処にも余計なものは何ひとつ無いと信じたいんだ

ひとつひとつ知れる事の幸せが心をヒタヒタにした


涙をそそるよ ちぎられてしまった食パンの耳

鳩にあげたって癒えることないよ胸の痛み

未来だってそう パズルの端くれらしい


あたしの持ってるスポンジが

カラカラになってしまった時は

また吸い込めるって言うことかな

石みたいだ・・・


スポンジはカラカラになって

べちゃべちゃよりはまだましだと言うの?

君のはどう? あたしのはこう

比べたらキリがない1234


君のスポンジあたしのスポンジ

交換したいけど出来ないの

これは一人ひとつだけの為


流れる季節の角かどで 僕らは冷めて行くみたいだ

だけど 君を好きになった時の曲がり角に後悔はないんだ

ひとつひとつ知れる事の幸せが心をぎゅっと絞って

それは一人ひとつだけの大切な自分だよ

提供: うたまっぷ