歌詞

VOICELESS FEAR

the GazettE

作詞
流鬼.
作曲
the GazettE

光の中 叫びは静かに奪われていった

A quirk of fate

In stillness


Pain 加速してゆく 闇に墜ちてゆきそう 空白の瞬間


意識の底で溺れるような 感覚がとても痛い

脈に絡まる冷たい雨が俺を壊してゆく


何も判らないまま 幕を下ろした悲劇 無言は続く


突き付けられた 回答に揺れる

「叫びを忘れて君を無くすなら…」


Get rid of fear from me

焼き付いたままで離れない

張り詰めたまま蠢く

My broken throat


眠りから覚めて ただ流れる日々を眺め

苛立ちに壊れても変わらない事実に…


突き付けられた明日に頷く

「叫びを忘れて君を無くすなら…」


Get rid of fear from me

焼き付いたままで離れない

張り詰めたまま蠢くMy throat

空白を知ったあの場所で

掛け違う歯車と踊ろう


Till fear fades away

A quirk of fate

提供: うたまっぷ