歌詞

あと1cmのミライ

D☆DATE

作詞
D☆DATE
作曲
齋藤真也

あと1cmのミライへと

届くかわからないけれど

答え探して生きてくことが答えだ


帰り道のベンチに腰掛けたら

乾いたため息 気づかないうちについてた

"前を向いてくこと" 言葉じゃ簡単だけど

時々飲み込まれそうで


クチビルぎゅっと噛みしめて

悔しいことも力に変えてけるように

先へ進め


at one time


あと1cmのミライへと

僕らは息を切らしてく

泥にまみれたって

強く信じ抜くこと

手を伸ばしてたその夢に

届くかわからないけれど

答え探して進んでくことが答えだ


見えないミライ あいまいでクライ

どこまで行けばいいのかそうツライ

限界なんて認めたくなくて

そう僕らは信じたくて


錆びついた自転車とあの日の空

大人になるって思うより難しくて

踏みしめたペダルはちょっと軋んでも

どこまでも行ける気がしてた


あの日の僕らに胸張って

譲れない夢きっと語れるように

先へ進め


I'm going


ただ一瞬のヒカリへと

僕らは今駆け抜けてく

踏みつけられたって

枯れない花みたいに

遠く伸ばしてたその手が

届くかわからないけれど

アシタは来ると信じてることがキボウだ


あとひとカケラの勇気が

見えない明日を変えていく

目指すゴールなんて

どんな遠くたっていい

何度も僕らは叫ぶよ

精一杯大きな声で

泣きたいほどのホントの夢を


あと1cmのミライへと

僕らは息を切らしてく

泥にまみれたって

強く信じ抜くこと

手を伸ばしてたその夢に

届くかわからないけれど

答え探して生きてくことが答えだ

提供: うたまっぷ