歌詞

tiptoe

秋山奈々

作詞
高浪敬太郎
作曲
高浪敬太郎

はじめて 夜明かしした あの朝 今も憶えてる

何だか ドキドキして ベッドの中で 震えてた

このごろ ふと思うの 鏡の前で ひとり

幾つの痛みを知れば 眠れない夜が 終わるの


探せば 隠れる 追えば 逃げていく

大人のわたしの うしろ姿

すぐに 遠くなる そして 消えていく

届きそうで 届かない


はじめて 嘘をついた あの夜 今も憶えてる

時々 悲しくなる 子供のふりも 出来なくて

このごろ ふと思うの 鏡の中で ぽつり

幾つの涙 流せば 眠れない夜が 明けるの


探せば 隠れる 追えば 逃げていく

昨日まで笑ってた あなたが

すぐに 遠くなる

そして 消えていく 届きそうで 届かない


明日のほうばかり見てたら

突然の雨雲に 戸惑う自分が 可笑しくて


ちょっと立ちどまって 瞳を閉じよう

あなたと一緒に 笑いたいよ

ときどき休んで たまには無理して

大人のわたし 探そう


外へ出かけよう 陽の当たる場所へ

角を曲がれば きっとそこには

今を生きている わたしがいるはず

お気にいりの 靴履いて


はじめて 夜明かしした あの朝 今も憶えてる

はじめて 嘘をついた あの夜 今も憶えてる

提供: うたまっぷ