歌詞

from

ゆず

作詞
岩沢厚治
作曲
岩沢厚治

始まりはいつも こんな調子で

降り出した雨のせいにして

だからってそんな 泣かないでおくれよ

買ったはずの傘が見当たらないんだ


一体どこまで僕ら 歩いてゆけるかな

急に吹く風がいつもより強く頬を刺す


きっと ずっと 裏切りも全部 表側にあって

だって ずっと 君といるんだよ

この先も その先も 大丈夫だよ


季節はずれの虫の鳴き声

そんな些細な事で

今日の終わりと明日の始まり

過ぎてゆく 時の音を聞きながら


忘れてしまうような遠ざかる記憶に

君の涙の意味を知る


今になって ちぎった 昨日の痛み

思ったよりは痛くもないけれど

なんだろう 苦しすぎるよ うまく言えないけれど


一つだけでは飛べない 二つはためかせた空

君からもらった言葉で今でも

僕は僕の存在を知る 確かめようと繋いだ手は

あの日と同じ 君からの温もり


あれから いくつの夜を越えたろう

相変わらずの 君と僕だけど

偽りだと 目を疑う様な

悲しみにだって 出会ってしまうだろう

だけど ずっと 君といるんだよ

この先も その先も

きっと ずっと 歩いてこう

大丈夫だよ

提供: うたまっぷ