歌詞

Perfect World(FUJIMINO MIX)

D-51

作詞
吉田安英
作曲
上里優

いつもは何でもないどんな些細なことも全部

一番に話したくなるんだ

好きな本や泣けた映画 家族のこと 描いた夢も


大きさの違う二つの手の中の宇宙で

生まれる温もり伝わる気持ちは

時々切なくさせて でもそれ以上の幸せを

心に満たしてくれているよ


君がそばにいるだけで僕の世界は輝きだすんだ

街の苦手な喧騒だって二人ならオーケストラさ

どんな胸の傷だってちっぽけに感じてもう痛まない

いつも君を想ってるから


君が笑うそれだけで優しい風が僕を包むんだ

紺碧のこの空の真下で唯一の言葉を送ろう

ずっと守ってみせるんだ出会った日から今も変わらない

いつも君を愛しく想ってるから


靴が二足並ぶようにあたり前にそばにあるように

二分の一の存在ならば

どこにいても迷わないで 歩いていける 生きていける


別々の場所で胸を鳴らすリズム近づけ

右側に響く鼓動を感じた

薄暗い夜みたいなぼやけて見えない明日だって

不安のかけらの一つもない


君を抱きしめるだけで僕の世界は輝き増すんだ

予報外れの雨が降っても二人ならステージになる

日々の中の悩みだってほら気づけば忘れ去ってるんだ

いつも君を想ってるから


君が名前呼ぶだけで僕は僕でよかったと思うんだ

刹那に過ぎる時間の中で揺るがない言葉を送ろう

きっと守ってみせるんだこれからだってずっと変わらない

いつも君を愛しく想ってるから


今、君のため歌おう


君がそばにいるだけで僕の世界は輝きだすんだ

街の苦手な喧騒だって二人ならオーケストラさ

どんな胸の傷だってちっぽけに感じてもう痛まない

いつも君を想ってるから


君が笑うそれだけで優しい風が僕を包むんだ

紺碧のこの空の真下で唯一の言葉を送ろう

ずっと守ってみせるんだ出会った日から今も変わらない

いつも君を愛しく想ってるから

提供: うたまっぷ