歌詞

SUNSHINE

曽根由希江

作詞
曽根由希江
作曲
曽根由希江/藤井理央

噴水のそばの少し汚れた白いベンチ

コンビニの袋持った今日のキミが座った


いつもより少なめのランチ

足元の影ばかり見て


誰も知らない場所で

そうやって溜息ついて 頑張ってきたんだよね

気楽にいこう 力まずに

夢は逃げないから 自分のペースで


下は水たまり 映る自分の冴えない表情

風に寄りかかって どこかへ飛んでゆきたいんでしょ


キミを怒鳴ってたあの人も

このベンチで 同じ顔してた


みんな似てる道を

辿って強くなってきた 肩の力抜いて

見慣れたアスファルト蹴って

追いかけ続けよう 笑顔が似合う明日


膝を抱えて耐えてたあの涙も

認められて喜んだあの笑顔も

いつも僕は照らしてきたよ

主役はキミだから


キミはキミのままで

頑張りすぎなくていいよ 不器用がちょうどいい

気楽に行こう 力まずに

見守っているから

午後に虹かけて

提供: うたまっぷ