歌詞

BOYHOOD

Hilcrhyme

作詞
TOC
作曲
TOC/DJ KATSU

BOYS & GIRLS BE アンビシャス

これは少年少女の賛美歌


小さい靴で走り回った

町は今日も夕日が沈む

幼稚な頭で練った作戦を

見つけられないかくれんぼ

必死で探した砂場 泥だらけ

調子乗りすぎて横から「メー!」

家に帰り待つ温かな晩飯

擦りむき傷に貼ったバンドエイド


初めて覗いた望遠鏡に

映った世界はまるで桃源郷

そこまで行こう友達と待ち合わせる

場所は校舎裏のトーテムポール

自転車立ちこぐ全速 目に入る景色

驚きの連続 家に帰る

本当はダメなのに見てきた

桜がとてもキレイだった


挑戦の果てに出来た

逆上がり ah少年時代

その公園を探していても

あの頃の俺は当然いない

君はどこ行く?back to da BOYHOOD

叱られ流した悔し涙 足りない

枯れるまで泣いた 遠い記憶の中


真夏の夜明け輝くオリオン座

誰もいないプールに飛び込んだ

見つかってがむしゃらに走った

そりゃ悪い事もやったちっとは

けどあの日の あの時の

見た星 夏のヴィジョン まるで昨日の様

それは教科書に載ってないが無くさずに持ってた

まるでページをめくるように読み返した

めくるめくストーリー

白球を追いかけた毎日

大地を踏み駆けぬけ抱いた大志

きっと誰もが持つ遠い初恋の思い出

願った この想いよ届いて

セピアに褪せた記憶に今

もう一度色を足そう

time slip BOYHOODへ Goes back!


挑戦の果てに出来た

逆上がり ah少年時代

その公園を探していても

あの頃の俺は当然いない

君はどこ行く?back to da BOYHOOD

叱られ流した悔し涙 足りない

枯れるまで泣いた 遠い記憶の中


挑戦の果てに出来た

逆上がり ah少年時代

その公園を探していても

あの頃の俺は当然いない

君はどこ行く?back to da BOYHOOD

叱られ流した悔し涙 足りない

枯れるまで泣いた 遠い記憶の中


Goes back to da BOYHOOD...

提供: うたまっぷ