歌詞

太陽

Layla Lane

作詞
Hidehito Ikumo
作曲
Hidehito Ikumo

にわか雨に降られてはっと目をやるカバン

おせっかいだと思ってたレインコート


「あなたが頼れるのはわたしだけだから」


かすかな胸の鼓動も響く教室

窓辺に咲く花に問いかける


「どうして一人で咲いていられるの?」


孤独にたたずんでる花にも

太陽が注いでた

本当にひとりぼっちの朝は来ない


心のハンカチ濡らすのはきっとこんな僕のせい

分かり合えてる分だけ無情にしみる


一人で手を伸ばしても決して変えられぬ空

ふとした言葉の色とにじむ


「あなたが幸せならそれでいい」


憂鬱、鉛の空に太陽が照らしてる

本当にひとりぼっちの季節は来ない


今なら素直に言える、あなたに届けられる

この星いっぱいの夢ありがとう

提供: うたまっぷ