歌詞

五月雨

Kra

作詞
景夕
作曲
結良

雨の季節になり 微熱を覚えるころ

並ぶ二つの影がふいに瞼に浮かぶ


流れる涙は儚い記憶の残滓

朧げなその感覚に身を委ねてしまいそう


愛した君の弱さを 愛した君の孤独を

ひと時の感情は今 五月雨のそれに似る


風の青い季節はもうすぐそこまできていて

はやる心とたゆたう心が色を混ぜる


穏やかな輪郭をなぞるように伝う雨垂れ

忘れてた 懐かしさに揺り起こされた寂しさ


重ねた唇の端 零れたすれ違う声

ざらつく唇はまだ 君の事を覚えていた


弱さを重ねて君に自分を映していた

そこから逃げ出したまま大切なものを捨てた


愛する喜びを知り 愛する辛さを知って

それでも孤独を恐れて 求めては 傷つける


愛した君の心に結んだ糸が解けて

輪郭を失くした影は雑踏に消えていく


愛した君の弱さを 愛した君の孤独を

ひと時の感情は今 五月雨のそれと知る

提供: うたまっぷ