歌詞

metamorphose

寿美菜子

作詞
Satomi
作曲
増田武史

濃い霞が 朝の息吹

古へと染めゆく

雲の隙間 差す光に

誘われし旅人


綴られゆく時代(とき)のなか

話してくれました

美しく 咲いて舞い散る

世界があると…

憂いに満ちた目で


鮮やかに変わってく世界で

変わらないものを探してゆく

儚くとも それは強く

光を放つと信じられる

あなたと共にいられるのなら


彩られた 時代(とき)の絵巻

金色雲がかかる

折り重なる 言ノ葉たち

そしていま此処に生る


あなたのこと想うたび

この胸しめつける

やわらかな この苦しみを

何と呼んだら

癒されるのですか?


ゆっくりと変わってく世界で

変わらないものを探してゆく

募る想い 胸のなかで

変わってゆくことにも気づかず…


祈りを捧げるように

掌に残った

ぬくもりを 確かめながら

そっと握った

手を手で抱きました


あなたを知り私の知らない

本当の私に会えたとき

この心は 運命(かたち)を変え

遥かなる時代(とき)を越えてゆくの


鮮やかに変わってく世界で

変わらないものを探してゆく

儚くとも それは強く

光を放つと信じられる

あなたと共にいられるのなら

提供: うたまっぷ