歌詞

only one

松浦亜弥

作詞
梶野秀樹
作曲
梶野秀樹

仕事帰りに見知らぬ駅で

待ち合わせて食事する

ふつうにみればただの恋人

そう呼べないのは二人だけ


ここから先に進みたいとは

思ってはいないけれど

逢いたいと思ってしまう

離れるほど強く


誰かを好きになってしまうのは

仕方のないことかも知れない

でも誰かを犠牲にしていい

理由になんてならないよ


恋するなんてたやすいこと

想いのままに任せればいい

なんと呼べばいいかわからないけど

確かなこと あなたは私のonly one


心のどこか あなたをしまう

箱ひとつ探せなくて

手のひらで包んでしまう

気付かれないように


誰かを好きと思うことなんて

一通りなんかじゃないよね?

でもこんなに溢れる想いを

言葉になんてできないよ


あなたと眺めた景色が

ふたりのすべてを抱きとめてた

誰にも知られない世界の中で

確かなこと あなたは私のonly one


いつまでも枯れない蕾のままで

抱きしめてるかけがえのないonly one

提供: うたまっぷ