歌詞

クリスマス

amazarashi

作詞
秋田ひろむ
作曲
秋田ひろむ

小さな雪の粒も積み重なれば 景色を変えるのは不思議ですね

どうしようもない日も積み重なれば 年月となるのは残酷ですね


僕が真夜中の部屋で一人 今年の懺悔を始めた頃

遠い街の少女が 丁度眠りについた時

雪が降り出した


罪深い三百幾日に 白い雪の粒が舞い落ちて

それが年明けまで続けば この過ちも枯れてくれるかな

どこか遠くミサイルが飛んで 流星と見間違えた少女

願いを一つ唱えたところ 今日は美しいクリスマス


街のドブ川に冬の星座が 健気に光るから石を投げ入れた

水面に千切れて別れた双子座の 再会を待ってたらバイトに遅れたよ


イヤフォンの中でしゃべるFM 曲紹介で途切れた音の間に

ぶつかった男の舌打ち 地下鉄の風は故郷の

海風に似てる


罪深い三百幾日に 白い雪の粒が舞い落ちて

それに心がかじかむのなら 憎しみも凍ってくれるかな

どこか遠くミサイルが飛んで 流星と見間違えた少女

願いを二つ唱えたところ 今日は美しいクリスマス


汚れた僕が汚した世界 だからこそ嫌いになれないよ

相変わらずの世界だから 君には見せたくないんだけど

どうか 失望しないように

どうか 言ってくれないか それでも好きだと


罪深い十二月の朝に 白い雪の粒が舞い落ちて

それに優しさが埋もれたなら こんなに眩しいわけはないよ

どこか遠くミサイルが飛んで 流星と見間違えた少女

願いを三つ唱える前に 目を覚ましたら パパのプレゼント


さあ祈ろうぜ世界の為に 救いようない僕らの為に

見てみろよ酷い世界だろ 今日は美しいクリスマス

提供: うたまっぷ