歌詞

CRY

Dew

作詞
清水悠
作曲
清水悠

一人で大丈夫と

鏡に映った泣き顔を

慣れない色で隠して

誰かになりすますの


自分を責めたように

私を突き放せばよかった

別れ際の優しさは

何も救えないから


このまま変わってしまっても

君は探してはくれない


何度でも 何度でも

傷つけてほしかった

君の幸せ遠くで願えるほど

優しくなんてない


たくさん夢を見たの

二人で叶えてゆく日々を

私が居たはずの場所は

他の誰かのもの


どれほど会えない時でも

繋がっていると信じたよ


傷つけて 傷つけて

未来さえ奪ってよ

見えぬ明日を一人で歩けるほど

そんな強くはない


みじめな涙だと

冷めた心で笑えばいい

自分の声押し殺して

「痛い」と言えないなら


切なくて 切なくて

まだ傍に感じてる

君を求める想いは

止められないから


何度でも 何度でも

傷つけてほしかった

君の幸せ遠くで願えるほど

優しくなんてない


そんな

優しくなんてない

提供: うたまっぷ