歌詞

石塊のプライド

福山雅治

作詞
SION
作曲
福山雅治

月明かりの下で

立たされてるような街灯

その下を俺は歩いてる

自分の影を抜き抜かれて


時折走り去って行く

夜の静寂を行く車は

懐かしい声にも聞こえ

あなたの泣き声にも聞こえ


不思議な色で 俺を浸す

それはまるで 昨日のことのように

そして遠い 遠い昔の 事のように

点滅し 俺を叱り力をくれる


初めてこの道を

歩いた時は胸躍り

すべてが始まる気がして

やっと始まる気がして


だけどそれは 青い自惚れ

蹴躓いて 叩きつけられ

思い知らされ 自棄になって それでもまだ

この道を 歩いたのは石塊のプライド

石塊の プライドさ


月明かりの下を

夜の静寂を行く車は

懐かしい声にも聞こえ

あなたの叱咤にも聞こえ


不思議な色で 俺を浸す

それはまるで 昨日のことのように

そして遠い 遠い昔の あの頃のように

眩しい明日を俺にくれるのさ

くれるのさ 力を くれるのさ 明日を

提供: うたまっぷ