歌詞

林檎

GENERAL HEAD MOUNTAIN

作詞
松尾昭彦
作曲
松尾昭彦

例えば これが僕としよう

君には分かるだろう

ここの描写は何もせず進もう


あの橋を渡る前の角を 緩やかに右に曲がったら

きっと笑う君が待つはずだ


これから僕は 君に何が出来るだろうか

小さな街を足音が響いた


愛しい君と空と月の夜 添える息は白く

真新しい日を描く 僕達が見当たらないんだ


歩き疲れて 三年後

僕は消えて無くなるだろう

それで君が忘れなければ良い


なみだ なみだ 枯れても涙

抱き締めても届かないから

なみだ なみだ なみだ 優しい涙


名前を呼んで 手招きと悲しみを知った

明日の事をまた教えてくれないか


愛しい君と空と月の夜 添える体温は深く

真新しい日を彩る季節に 目を伏せる


つのる想いは 風に乗り

赤く 君の頬に実る

甘く熟して 林檎のように落ちた


愛しい君と空と月の夜 添える息は白く

真新しい日を描く 僕達が消えて行く


夢から覚める

提供: うたまっぷ