歌詞

夜の眼と吟遊詩人

D

作詞
ASAGI
作曲
ASAGI

夕餉(ゆうげ)の支度に勤しむと火の粉が弾けた

香る 慎ましやかながらも一皿の馳走


心に溶けゆく白い湯気の向こうには

ひと時の安らぎ 遥か昔のよう


草木と踊り風が運ぶ唄は人々が紡ぐ絵物語

色とりどりの出逢いと別れ どうして忘れられようか


あなたの旅路を辿り私も旅をする

地図に記された過去には ゆかしい宝物


想いの小箱(はこ)から楽の音は森に溢れ

詩(ことば)は羽ばたいてあなたの元へと


夜の眼が耳を傾ける唄は消え入りそうな者へも届く

いつ離ればなれになったとて未来へと語り継ごう


草木と踊り風が運ぶ唄は人々が紡ぐ絵物語

色とりどりの出逢いと別れ どうして忘れられようか


どうして忘れられようか


我らの心の里は風と共にある

提供: うたまっぷ