歌詞

風の歌

GRAPEVINE

作詞
田中和将
作曲
亀井亨

瞳の黒の色で

ずっと未来を見届けるんだと教わった


散らばってく

それぞれに理屈を抱えて

ただ元の場所にさよならを言うんだ


悲しいほど道を描いてゆく

ほんの少しの夢を見て満たされてるんだ

そんな幻想などとっくに風の歌


そして出会いが訪れて

いくらかここを愛し始めた

戸惑いながら


紛れ込む街の中で名前を忘れた

ほら転がってる石ころのような


かなしみを明日に変えてゆく

いつだってそばにきみを見て時を刻むんだ

とんだ幻想だと

どこの誰が言った


どこまでも先を描いてゆく

いつだって少しの夢を見て揺れていたいんだ

そう思うんだよ

どっかで風の歌を


風に吹かれ

たったひとつの

提供: うたまっぷ