歌詞

Special Song

John-Hoon

作詞
市川喜康[KABUKI]
作曲
市川喜康[KABUKI]

それは、

柔らかなシーツに包まれ

眠る朝のように

ありふれた シアワセ


そんな日常が

知らず知らずのうち

僕を支えてる

それが、すべての答え


傘の上を流れ落ちる

雨粒 避けるように

そっと寄せた か細い肩

ずっと守っていく


未来はどれくらい

キミを輝かせるかな

少しなら僕にも

その手助けができるかな

新たな夢の幕が開く


曲がりくねる道

急なアップダウンも

焦ることはない

歩幅を合わせながら


彩色とりどり エピソードが

僕らを待っているんだ

笑い合って 涙もして

キミといたなら Special


未来は見えずとも

手に取るように分かるんだ

相変わらず 僕は

その瞳に恋をしてる

明日も、きっと最期にも


生まれたての愛を羽根に

僕らは飛び立つんだ

笑い合って 涙もして

キミといたなら Special


未来はどれくらい

キミを輝かせるかな

時代は移ろえど

永遠なるものもあるんだ

そして、僕はキミの

すべてに恋をしてる

明日も、きっと最期にも

提供: うたまっぷ