歌詞

愛に形がないのならどうして壊れたりするの

栗山千明

作詞
いしわたり淳治
作曲
秋山光良

起きそびれた昼下がり

顔まで届かずに すくった水が

いま変幻自在に 形変えて

指と指の隙間 こぼれていく


鏡の中 映る自分を

指でなぞれば ほら

そのラインをはみ出た分の

わたしがいる


決めた形に 無理な理想に

押し込んで 押し込んでは 壊れてく


冷たいわたしの 冷たい心は

固まって 固まっては 壊れてくだけ

氷のように


愛に形はないって言った

あなたとの思い出はやわらかくて

いま変幻自在に 形変えて

いびつなこの胸を 満たしている


あなたの目に映るわたしを

時がなぞるたびに

そのラインをはみ出た分の

わたしがいた


決めた形に 無理な理想に

押し込んで 押し込んでは 壊れてく


固く誓えば 誓い合うほどに

愛だって 固まっては 壊れてくだけ

氷のように

提供: うたまっぷ