歌詞

小さな魔法

ステレオポニー

作詞
AIMI
作曲
AIMI

この街をつつむ風は

どこか少し冷たくって

僕はいつも独りだった

それでいいと思ってたんだ


あの日キミと出会ってから

世界は色を変えていった

季節はまた過ぎてくけど

色あせることはないよ


遠いキミへと届けたくて


だから


伝えたいコトバ集め

小さな魔法をかけて

さあ キミのもとへと贈る

ぬくもりさめないように

一緒に閉じ込めたら

想いはカタチになるんだ


繰り返していく毎日

ふと気付けばキミのことが

少しずつふくらんでく

僕のココロうめてくんだ


街の灯り消えた頃に

僕のココロ キミが灯る

眠りにつく少し前に

僕はキミへ想いを綴る


遠いキミへと贈りたくて


だから


どんなに離れてても

待っててくれるキミが

今 僕に必要なんだ

たくさんのコトバたち

このウタに詰め込んで

キミへと届けにいくよ


二人はこの空でいつも

つながっている

そう思えば 強くなれる

やさしい気持ちになる


伝えたいコトバ集め

小さな魔法をかけて

さあ キミのもとへと贈る

世界中でキミだけに

唄いたいウタがある

想いが伝わるように。。。


魔法をかけて

提供: うたまっぷ