歌詞

桃源郷

Galileo Galilei

作詞
尾崎雄貴
作曲
尾崎雄貴

通り雨に濡れて臭くなったシャツ

階段の踊り場で子供が遊んでる

ひび割れた唇ぽっかり開けて

継ぎ接ぎだらけの心臓を


ずるり引き出したその手でかち割った

たくさんの思い出が腐ってた


なんで?


あどけない言葉を並べたてた

そうやって僕はぶら下がってる

ブランコに乗って羽が生えて

飛んでってしまうあの娘はどこ?


そこは桃の花が咲き乱れる丘

むき出しの心臓霧雨が濡らす丘


もう会えないからと君は笑って

約束のチケットを僕に託した

小さな小さな桃の花弁一枚

ポケットに入れたそれすら忘れて


思い出の扉を通れなくなった

開かない扉は消えかけているよ


そこは桃の花が咲き乱れる丘

涙と霧雨僕にはわからない

ああ桃の花が咲き乱れる丘

君が遂に消えて静かになった丘


生乾きで臭くなったシャツ

永遠に僕はぶら下がってる

階段の踊り場の子供は消えた

僕もきっといなくなる

提供: うたまっぷ