歌詞

花火のピアス

さぁさ

作詞
さぁさ
作曲
さぁさ

空の花火2つ引きちぎって カラフルなピアスにしてみたんだ

キラキラ光り方も知らずに 夏が終わった

流線形を描いて 煙にまかれて月の裏で泣いた

ちりちりと痛い まぶたの熱 夜風が冷やした


「今日は雨が降るかも」って私の得意な

風の匂いでわかる天気予報

「そうか」ってうつむいた貴方の背中が

離れるなんてことは予測不能だった


654! の合図で2人分を

321! 打ち上げた"サヨナラ"


空の花火2つ引きちぎって カラフルなピアスにしてみたんだ

キラキラ光り方も知らずに 夏が終わった

流線形を描いて 煙にまかれて月の裏で泣いた

ちりちりと痛い まぶたの熱 夜風が冷やした


あれからもう幾つもの夜を越えたけど

毎日がモノクロに過ぎていくだけで


同じように辛かったよね

やっと歩き出した心


あの音に紛れて 好きだ好きだって

何度も叫んでいれば・・・


振り返り秋が来る わずかな希望のスパンコールが

ちりばめられたら

空の花火2つ引きちぎって カラフルなピアスにしてみたんだ

キラキラ光り方も知らずに 夏が終わった

流線形を描いて 煙にまかれて月の裏で泣いた

ちりちりと痛い まぶたの熱 夜風が冷やした

提供: うたまっぷ