歌詞

百八つ

ハンバートハンバート

作詞
佐藤良成
作曲
佐藤良成

薪をつめば夜鷹が目を付け

あくびをすれば夜中に目が醒め


一息ついた

木陰にしゃがみ

煙草をのんで

おならで出した


秋の入り日はウツクしけれども

飽きた頃にはもう毛布布団冬


炬燵の中で

蜜柑の皮が

乾いて縮む

今年も終る


明け まして おめでとう

提供: うたまっぷ