歌詞

さようなら君の街

ハンバートハンバート

作詞
佐藤良成
作曲
佐藤良成

外を歩く、風が頬をなでる

はじめて来た街のような気がする

少しずつ変わっていく

少しずつうすれていく

街も僕の記憶も


商店街は見知らぬ店がならび

君と行ったあの店もいまはない

少しずつ変わっていく

少しずつうすれていく

街も僕の記憶も


やあやあ、僕だよ、久しぶり

ずいぶんとここで待っていたよ

さあさあ、君はもう帰りなさい

いま君が住んでるとこへ


道がゆれる、胸が大きく打つ

白いパズル、ピースがひとつはまる

少しずつわかっていく

少しずつ気づいていく

僕の夢の終わりを


やあやあ、僕だよ、久しぶり

ずいぶんとここで待っていたよ

さあさあ、君はもう帰りなさい

いま君が住んでるとこへ


かあかあ、からすが山の向こう

おうちへ帰ろと鳴いてるよ

さあさあ、君とも別れの時間

いま君をまた忘れよう

提供: うたまっぷ