歌詞

STORY

作詞
小川貴史/alt
作曲
オオバコウスケ

待ち切れずに 走り出した 砂けむり 前を閉ざしても

抱えた願い 溢れた期待 重なり合うたび不安でも

呼び覚ませ


間近に感じる夜明けに染まる 心のどこかが熱く高ぶる

時間が解けるように 明日へ流れ出す スピード上げて


どこまでだって向かうよ 本気で生きていたいから

止(トド)まることない挑戦者(チャレンジャー)

半端な夢は語らない 明日へ上り詰めるのさ

限りない愛を纏って

僕たちがきっと見ていた 未来の物語には

終わりはないよ どこまでも この世界を駆けて


過ぎ去ってく 時間の中で どれだけ 笑っていけるだろう

忘れられない 瞬間(とき)があるよ この胸に吹く風の色

感じてる


信じた言葉が輝くように 求めた数だけ全ては変わる

そしてもう一度 声を上げてくんだ そういつまでも


熱く誓った思いを なぞってそっと放つんだ

かけがえのない明日へ

悲しみだってこの手で 抱き締め合っていけるなら

立ち止まることはないんだ

僕たちがきっと見ていた 未来の物語には

終わりはないよ どこまでも この世界を駆けて


間近に感じる夜明けに染まる 心のどこかが熱く高ぶる

時間が解けるように 明日へ流れ出す スピード上げて


どこまでだって向かうよ 本気で生きていたいから

止まることない挑戦者(チャレンジャー)

半端な夢は語らない 明日へ上り詰めるのさ

限りない愛を纏って

僕たちがきっと見ていた 未来の物語には

終わりはないよ どこまでも この世界を駆けて

提供: うたまっぷ