歌詞

春風~いつか桜の下で~

Hi-Fi CAMP

作詞
KIM
作曲
Hi-Fi CAMP

この街での暮らしも新しい部屋も ぎこちないけれど少し慣れてきた

旅立ちは桜舞う季節、春風優しく 僕と君の頬を撫でた


二人選んだ答え、君の事を考えれば

縛り付けてしまわないか 迷いもしたけれど

離れてもハナレズにいよう

遠くでも傍にいてよ


一人きりは寂しいけど、それでも 声聞けば平気な気がしていた

振り向けば見送る君の涙 笑顔で手を振って それから小さく泣いた


きっと出会わなければ知らなかっただろう こんな寂しさも、この温かさも

初めて僕にも全てを引き換えにしてまで 守りたいと思えたんだ


すれ違いが生みだす 疑う心や不安が

嵐となり陽の光を 隠そうとしてても

「嘘だけはつかない」それだけ。

一つだけ約束した


来年の満開の桜の下 手をつなぎゆっくり君と歩こう

そしていつの日にか胸を張って 春風に包まれ 君を迎えにいくから


「遠い距離に負けそう」って君にこぼさせた涙

涙を拭えたなら何もいらない

目を閉じて声に委ねれば

耳元に居る気がした


逢いたいよ、今すぐにでも逢いたい 思わない日は無い、どんなときも

隣で過ごせる時が来るまで その日まで二人で 頑張ろうと決めたから


来年の満開の桜の下 手をつなぎゆっくり君と歩こう

そしていつの日にか胸を張って 春風に包まれ 君を迎えにいくから

提供: うたまっぷ